肌が乾燥しやすいなら

洗顔石鹸を選ぶときには、ご自身の肌タイプで使用するものを考えたほうがいいですね。大まかに分けて、普通肌・乾燥肌・敏感肌・脂性肌となっていますが、この他にも混合肌がありますので、注意が必要です。

乾燥肌ですと保湿を中心としていきますので、洗顔後のスキンケアをしっかりしなくてはいけませんが、洗顔石鹸自体にも保湿成分が入っているのが理想的です。

皮脂量や水分量が不足している肌の状態ですので、あまり強い洗浄力では皮脂を落としすぎてしまいます。美容成分の入っている洗顔石鹸を使用することで、洗顔後すぐの乾燥する感じやツッパリを抑えてくれるようになり、肌質の改善にもつながっていくでしょう。

合成界面活性剤を使用しているような洗顔石鹸を使用するのは避けたほうがいいですね。


敏感な肌には

敏感肌で洗顔石鹸を使用するときには、刺激の少ない洗浄成分が入っていたほうがいいですね。敏感肌では、通常では刺激としてみなされないものでも赤くなったりかぶれることがあるのです。

したがってピーリング系の洗顔石鹸を毎日使用するというのはオススメ出来ないですね。低刺激として販売している洗顔石鹸から選んでいきましょう。

合成界面活性剤やパラベン、人工香料などの添加物が入った洗顔石鹸では、敏感肌に向いていませんので、無添加となっているかどうかも大事なところなのです。

その他に鉱物油や着色料も敏感な肌には刺激となってしまいます。