優しく洗おうとするなら

洗顔石鹸を選ぶときには、洗浄力の強さで比較することがあります。肌タイプが脂性肌と乾燥肌では、洗い方も変わるのではないでしょうか?

乾燥肌や敏感肌では、刺激があるのは良くないですし、必要以上に肌の皮脂を洗い流すのはオススメ出来ません。そのためマイルドな洗浄力の洗顔石鹸を使用したほうがいいですね。

あまり強い洗浄成分では肌荒れを起こしたり、保湿をしても効果が感じられないこともあります。一度、洗顔をしてみて30分くらいそのままにしたとき突っ張ると感じたら、洗浄力が強すぎると思っていいでしょう。確認をしてみると、その洗顔石鹸との相性もわかりやすいですよ。

知らないままで使うのはダメージを蓄積させます。




角質までしっかり落とすなら

最近では、ピーリングといって余分な角質まで洗い流せる洗顔石鹸が出てきました。年齢を重ねると肌のターンオーバーも遅れ始めますので、角質ケアをしなくては、シワやくすみなどの問題が出てきますね。

ピーリングが出来るような洗顔石鹸は、週に1〜2回のスペシャルケアとして使い、その他は少し洗浄成分が強めのもので抑えるようにしましょう。

毎日ピーリングをしてしまうと、肌は弱ってきていると判断してしまい、余計に角質を溜め込もうと防御機能を働かせてしまうからなのです。またバリア機能を低下させて外的刺激に肌を晒してしまいます。

角質ケアをする洗顔石鹸も使い方を検討しなくてはいけません。
あなたにぴったりの洗顔石鹸なら・・・大人ニキビ調査隊を参考にしてみてはどうでしょうか?